練馬土支田本覚寺だより

練馬土支田本覚寺です。日々感じたこと皆さんにお知らせしていきたいと思います。当山は天眼願満日蓮大菩薩、天満自在大善神(天神さま)をお祀りするお寺です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分

節分も過ぎ、暦では立春を迎えました。皆さまもご存じの通り、節分は文字を見れば、季節を分けると書き、立
春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいます。

スーパーなどでは、鬼のお面のついた福豆や恵方巻などの特設コーナーが設けられ、当日にはテレビで、どこのお寺にはこの有名人が来たとか、どこの神社にはこのスポーツ選手がいたとか、少し節分本来の意味から離れてしまっているような気がします。

本来、節分は追儺(ついな)の行事です。追儺とは難を追う、難を追い払う、邪気を祓うという意味の行事です。

その一つとして行われるのが「豆まき」です。今、どうしても豆まきだけが節分と思われがちですが、お題目を信仰する私たちは、まずお題目をお唱えし、一年間の無病息災を願うのが、本義ではないでしょうか?

また、よく日蓮宗では鬼子母神さまがいるから『鬼は外』は云わないのでしょうか?と尋ねられますが、そのようになさっているお寺もあるようですし、一概にどちらが正しいとはいえませんが、私はこの節分は自分の中に潜む鬼、自分の悪い心を追い出す、追い払う意味で『鬼は外』と言ってもいいのではと考えています。

とにかく節分はこれからも大切にしていかなければならない年中行事のひとつだと思います。

ちなみにここ数年で恵方巻がだいぶ浸透してきたと感じるのは私だけでしょうか(笑)?

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。