練馬土支田本覚寺だより

練馬土支田本覚寺です。日々感じたこと皆さんにお知らせしていきたいと思います。当山は天眼願満日蓮大菩薩、天満自在大善神(天神さま)をお祀りするお寺です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園の・・・

妻が幼稚園のバス停に子どもを迎えに行きました。

ほっと一息ついていると・・電話がなった。

見れば、妻の名前。電話に出てみると、幼稚園のお友達のところで遊んでから戻るとのこと。

それだけでは電話するほどのことじゃない。何か急な用事があるはずだ・・

案の定、「忘れ物したから、お友達の家まで届けてほしい」と

こういう時、めんどくさいと断るとあとが怖い。。。さっそく、自転車で届けにいくことに。

途中、名もわからない小さな公園。よく子どもが幼稚園の帰りに遊ぶ公園。

見てみれば、公園の赤い彼岸花が大半が折られていた。

かわいそうに落ちている赤い花・・

昨日、彼岸花のことを調べたばかりの私にとって、とてもタイムリーな惨状。

公園の近くのお友達の家の前に立っていた妻に、聞いてみると

なんとそのへんの小学生が、蹴っていたとのこと。

(花だって一年待ってやっと咲いたのに、折られたんじゃたまんない)といやな気持ちで自転車で寺へと戻る。

そういえば、前にチューリップが折られたなんてニュースもあった。花を見て、きれいだと思う気持ちは大切。

なぜ、仏さまに供える花がこちらを向いているのか、そこに答えがありそうだ。

普通、仏さまに供えるならば、仏さまの方を向いていなければいけない。

しかし、仏さまの花はお参りする人を向いている。これは、花を供えた人、花を見た人の心を清浄にしたいという仏さまの慈悲の心なのだ。

花を慈しむ心(いのちの大切さ)を我が子には教えていこうと固く誓った。娘の誕生日での出来事でした。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。